目的と得意分野の合致した弁護士を選んでいるかを重視

 

 

何かでトラブルが起こった場合、解決のために法律事務所に依頼するというのはよくあります。でも、その事務所は本当にあなたの目的に沿った解決をしてくれるでしょうか。法律事務所と一口にいっても、その得意分野は様々です。交通事故に詳しい所もあれば、民事事件よりも刑事事件を多く手掛けている所もあります。まず、自分が何を解決してほしいかを見極めたうえで、その目的に沿った事務所を選ぶようにしてください。自分でいくつか事務所をあたるという方法もありますが、法律事務所では30分につき5000円の相談料が発生しますので、何軒も当たっていると結構その分の費用がかさみます。

 
こんな時は、法テラスを利用するといいでしょう。事前に電話で予約を入れ、どのようなことを相談したいか、たとえば離婚であるとか、借金であるといったことを伝えておくと、それを得意分野とする人が無料で相談に乗ってくれます。場合によっては、その後の協議離婚や調停、あるいは債務整理などを請け負ってくれることもあります。公共の法律相談センターでも同様に請け負ってもらうことができますし、債務整理の場合は日本クレジットカウンセリング協会に相談すると、やはり無料相談ができて、しかも弁護士を紹介してもらえます。

 

gf1420065446l

 

 

サービス業であることを理解している弁護士かを重視

 

“サービス業に従事する人間は、顧客の思いやニーズ等を把握し、彼らが満足する結果をもたらす責任があります。
顧客やクライエントの権利の保持やニーズを満たす事よりも自分の利益を中心に考えた行動をしていると、裁判で顧客やクライエントが良い結果を得られないだけではなく、代理人としての能力がない事を世間に晒す事になってしまいます。
その事をしっかりと理解しているかを判断する基準としては、相談者の悩みや不安に誠実に耳を傾け、その人の状況に適したアドバイスを行っているかどうかです。また、顧客やクライエントのために24時間365日動ける体制を構築しているかどうかという点も判断する基準にできます。
この業務において主役は顧客やクライエントです。彼らの思いや考えを無視して、自分の考えを押し付け、そのまま裁判を続ける人はそれを理解している人とは言えないです。

 
これを理解している人は、自分が得られる報酬よりも、顧客やクライエントがトラブルを解消し、安定した社会生活を送る事ができる点を重視します。
顧客やクライエントは、事前に代理人となるその人物とより多くコミュニケーションを取る事です。それを行う事によってその人物がそれを理解しているかどうか判断できます。